episode 2

羊毛フェルト作家「Wakuneco.」とLUMIX S1H

2016年からアーティストSachiが羊毛フェルトで猫を制作し、制作風景やチュートリアルを掲載。フレームにおさめた猫の胸像「わくねこ」にこだわり、制作を続ける。
2017年からは、YouTubeクリエイターのギュイーントクガワが映像ディレクターとして参加。

羊毛フェルトとは思えないハイクオリティな猫の肖像と、ストーリー性の高い映像は、Netflixの番組にもとりあげられるほどとなり、人気のチャンネルと成長した。

羊毛フェルトの魅力や制作へのこだわりなどを聞く。

羊毛フェルトの魅力

以前はイラストレーターとして活動していたSachiさん。
羊毛フェルトには、絵の具にはない独特な風合いがありその虜になったという。

わくねこ動画の表現にかかせないボディ内手ぶれ補正

わくねこ動画の魅力にかかせないのが、ドキュメンタリーとしてのリアルな表現。
すべてを手持ち撮影することで、やり直しができない作業を捉えることでストーリーを紡ぐ。
その際にかかせないのが、S1Hの強力なボディ内手ぶれ補正だと語る。

わくねこさんのストーリーを伝える

「猫の顔を可愛く作る」というこだわりや、モデルとなった猫と飼い主への愛情など、まさにSachiさん自身を撮影し、ストーリーが伝わるようにしたいと語るギュイーントクガワさん。
最高の道具として選んだのがS1Hであった。

色へのこだわり

知識や思考ではなく、「感覚」で感じ取る雰囲気が大事だというSachiさん。
LUMIXに搭載されているV-Logを使って撮影し、メーカーが提供しているLUTを当てることによって撮影時の色に戻り、 さらにコントラストを自在に取り戻せ、調整できる。
ここから、さらに二人で細部まで調整することで、視聴者にわくねこ動画の「リアルな画」を伝える。

Wakuneco.さんのYouTubeチャンネル