episode 6

分子調理学研究家「こじまぽん助」とLUMIX S1/S5

ミュージシャン、営業、動画広告制作などを経て独立。現在は営業/マーケ視点を持ったマルチクリエイターとして活躍。
本業の映像制作業務に携わる一方で、得意の料理スキルを活かし、YouTube、cookpad、Nadiaなどで料理レシピを投稿。中でも豚汁のレシピはcookpad 5年連続1位を記録した。
「材料は同じ、テクニックも不要、だけど圧倒的においしく作れる」おいしい料理の「なぜ」について、ていねいでわかりやすい解説が好評を得ている。

料理の工程はおいしくなるようにできている

通常のレシピは「強火で3分焼きましょう」という方法だけが記載されている。
しかし、こじまぽん助さんは、調理対象へのアプローチ、そしてその結果、どのように変化をするのか、ということまで掘り下げて視聴者に伝える。
料理の工程はまさに「おいしくなるように」できているという。
「おいしそう」じゃない「作りたい」というものが大切だと語る。

おいしいものはおいしく撮れる

スタジオは調理をするスペースと完成カットを撮影するスペースが準備されており、カメラを付けるだけで撮影ができるようになっている。
出来上がったらすぐに撮影。
撮影のための加工はできるだけしない。本当においしいものはおいしく撮れる。

料理は色が大事

料理は「青」が食欲減退色であるとのこと。
そのためスタジオには青色のものを置かないようにしている。
その食欲減退色が感じられない色が作りやすい、ということからLUMIXを使い始めたという。
使い始めたGH4から現在使用しているS1・S5まで、その系譜は受け継がれている。

白飛びするギリギリがおいしく見える

野菜などの食材のツヤはピークアウトしないように処理するとおいしく見えない。
そのためにあえて少し白を飛び出させる。
LUMIXはハイライトのロールオフがなだらかできれいなため、とても助かっているとのこと。

動画内に登場するピーマンの肉詰めの動画
こじまぽん助【分子調理学研究家】 さんのYouTubeチャンネル